キチンキトサン

キチンキトサンとは

[スポンサードリンク]

キチンキトサンとは、動物に含まれる動物性食物繊維のことです。

含まれる動物の名前を取って、カニキチン、イカキチン、キノコキチンなどと呼ばれ、区別されることもあります。

含まれるのは甲殻類、軟体動物、貝類、キノコ、昆虫などかなり幅広く、地球上の生き物の体にはほぼ必ず含まれていると言ってよいでしょう。

含まれている部分は甲羅や殻、骨格など、硬い部分が多いという特徴を持ちます。

構造はセルロースのようなもので、アミノ酸が鎖状に複数繋がっています。

この構造によって、動物の硬い殻を構成しているようです。

キチンキトサンとは食物繊維であるため、人間にとって栄養という意味では不要のものですが、体内の余分なものを排出する上で役立ちます。

栄養面では不要ということで、つい最近まで重要視されていませんでしたが、生活習慣病の予防に役立つということで脚光を浴び始めています。

正確な実証はまだですが、一部の現代病を治療する、もしくは改善に導く効果が期待されています。

特に脂肪を包み込んでそれ以上体に吸収しないようにする力があり、生活習慣病の大半の原因となる肥満予防に繋がるとされています。

こうしてキチンキトサンとは現代人に必要不可欠の成分であると分かりました。

しかし生産量が追いつかず、加工されていない未処理のキチンは吸収されにくいという特徴もあります。

また含まれる動物によって、3つのタイプに分けられ、性質がそれぞれ異なることが分かっています。

[スポンサードリンク]