キチンキトサン

キチンキトサンを含む食品

[スポンサードリンク]

キチンキトサンを含む食品は、甲殻類、軟体動物、貝類、キノコ、昆虫、真菌類の接合菌類などです。

甲殻類の中で食べられるものはカニやエビなどになり、キチンキトサンを含む食品としてはこれらが最も一般的となっています。

イカなどの軟体動物の骨格部分、貝類の貝の部分などもキチンキトサンを含む食品です。

昆虫の硬い外殻の部分、キノコ、真菌類の接合菌類もそうです。

真菌類の接合菌類では、細胞壁という細胞を守る壁のような部分に、キトサンとして含まれています。

基本的に生物の体の中で硬い部分、柔らかい内部を守る壁として存在する傾向にあります。

生物を守るために非常に丈夫に出来ており、外界から生物を守る役目を見事に果たしています。

その分普通に食品として摂取する場合、調理の前に取り除いてしまったり、食べる間に剥いてしまう部分であることが有り得ます。

具体例を挙げればカニの甲羅部分、エビの殻部分に含まれているため、加工食品でないと摂取することが難しくなっています。

普通カニを食べる時は甲羅を取り、中身だけを食べるものだからです。

例外として沢蟹など小さめのカニは丸ごと食べられますが、寄生虫の危険性があり、日を通さなければ危険です。

摂取する場合は、硬い部分に含まれていることを認識し、その部分ごと食べる、もしくはその部分を加工するといった方法があります。

一番良いのはその部分からキチンキトサンだけを抽出し、加工することで、素人がそのまま食べられることはないと考えましょう。

[スポンサードリンク]