キチンキトサン

キチンキトサンの副作用

[スポンサードリンク]

キチンキトサンの副作用には、過剰摂取による下痢、便秘などがあります。

食物繊維の一種、動物性食物繊維であるため、過剰に摂取すると人によっては腸に負荷がかかってしまうという理屈です。

これは植物性食物繊維と同じで、便秘を治そうと生野菜を大量に食べたことで、下痢になってしまうことがあるのと同じです。

食物繊維は腸の状態を改善させますが、あまり大量に摂ってはいけません。

また食物繊維は一緒に水分を摂取しないでいると、腸の中で留まり上手く排出されなくなってしまいます。

すると便秘を改善するどころか、便秘の原因を更に作ってしまうのです。

特に油分の多い食べ物を摂取すれば、下痢や便秘の原因になりやすく、キチンキトサンの副作用が出やすくなってしまいます。

回避するためには、コップ1杯の水を飲んで適切に便が排出されるよう仕向けることになります。

同時に病気にかかっている時、胃腸の調子が悪い時も負荷がかかりやすく、控えた方が良いでしょう。

またワーファリンという医薬品を一緒に飲むと、キチンキトサンの副作用が起こりやすくなります。

ワーファリンは血液を凝固させにくくする医薬品で、同時に摂取すると効果を強めてしまい、血が止まりにくくなってしまいます。

他にカニやエビの食物アレルギーがある場合、強いアレルギー反応という作用が起こります。

事前に自分にどんなアレルギーがあるのか、食べて大丈夫であるかきちんと検査を受けておくことです。

逆に食物アレルギーがある人は、摂取しない方が安全です。

[スポンサードリンク]