キチンキトサンとコレステロール

[スポンサードリンク]

キチンキトサンでコレステロールの調整を行うことができます。

普通一度上がってしまったら調整が難しいものですが、キチンキトサンでコレステロールの調整はほぼ可能であると分かっています。

何度か臨床実験が行われ、かなりの確率で調整可能です。

これには2つの効果によるものと推測されています。

1つは動物性食物繊維であることから、腸での吸収を抑えるという効果です。

腸で吸収される前に包み込み、速やかに排出されていきます。

もう1つが血管の内側に付着してる悪玉コレステロールを引き剥がし、そのまま体外へと排出する効果です。

この2つの効果がキチンキトサンでコレステロールの調整を可能としています。

悪玉コレステロールとは、コレステロールを全身へと運ぶ役目を持っています。

適量は必要とされていますが、多くの現代人は量が多すぎて健康を損なっているのです。

逆に体に良い作用をもたらすものを善玉コレステロールと呼んでいますが、成分としてはほぼ同じものを意味しています。

そもそもの役割は、体中の細胞の膜(細胞膜)を作ること、筋肉を作るホルモンの原料、胆汁酸の原料として動いています。

一方的にすべてを排除していては、生命維持に必要な分まで排除しかねません。

だからこそ体に必要な分は残し、不必要な分は排除すると言う方針で行かねばならないのです。

ただ食事やサプリメントだけで摂取することに頼るのは危険であり、有酸素運動を行うと更に効果的となっています。

[スポンサードリンク]