キチンキトサン

キチンキトサンとガン

[スポンサードリンク]

キチンキトサンでガンを治すことが出来るのではないかという研究は、現在も各地で続けられ、動物実験の段階では成果をあげています。

キチンキトサンでガンを治すという理屈は、自然治癒力と免疫力を強化する効果から派生し、癌細胞にも効果があるのではないと推測されているのです。

現在のところ、NK細胞やLAK細胞の働きを強めることが判明しており、3倍から5倍まで高められると分かっています。

実際にキチンキトサンでガンを治すことが出来るかは、まだ実験段階なので断定はできません。

現在の研究では、癌を発生させたマウスに経口摂取を続けさせることで、体内に蓄積された発癌物質を吸着し、除去する効果が確認されています。

他にも癌は毒素を排出するのですが、そのひとつトキソホルモンLの毒作用を押さえ込むことを確認しています。

癌転移は癌治療を行う上で大きな課題となっており、投与によって癌の転移をある程度まで阻止して、免疫を活性化することができます。

また完治までは難しくても、腫瘍を大幅に縮小させることは可能であるようです。

結論を出すのは早いのですが、癌を完治させるまでは無理でも、転移を遅くする、腫瘍の大きさを縮小させる、癌の痛みを軽減させるくらいの効果はありそうです。

ただあくまで動物実験の段階なので、人間の癌に効果があるかどうかはこれから分かってくるはずです。

少なくとも、全く効果がないということは有り得ず、投与によって症状の緩和はできるはずです。

[スポンサードリンク]