キチンキトサン

キチンキトサンとエビ

[スポンサードリンク]

キチンキトサンをエビから摂取する場合、外側の殻を丸ごと調理する方法になります。

エビフライや天ぷらとして調理することが多く、特にしっぽの部分に多く含まれて居ます。

しっぽを残す人は多いのですが、実はしっぽの方が多く含まれ、残すのはとても勿体無いことです。

キチンキトサンをエビから摂取するのであれば、しっぽは残さず食べるべきです。

他にもカルシウムやアスタキサンチンといった健康によい成分を含んでいて、総合的に健康になるために必要とされています。

普通の海老のしっぽを食べるのは抵抗があるという方は、小ぶりで食べやすい桜海老がお勧めです。

産地の駿河湾近くの地域に住む方、もしくは旅行したことのある方は、釜揚げ桜海老を食べたこともあるでしょう。

桜海老は東京湾と相模灘に生息しており、浅い海辺を泳ぐ種類で、駿河湾で漁獲されています。

一部は台湾近くにも分布しているようです。

生の状態をワサビで食べたり、干した桜海老を食べたりと、調理方法も実に多彩です。

干した桜海老なら、フライパンで炒ると香りが増して香ばしくなり、美味しく食べられます。

出来れば新鮮な桜海老を食べたいという人は多いのですが、かなり繊細で生きた桜海老を輸送するのは難しいのです。

大抵は輸送のストレスで酸欠になってしまったり、アンモニアが発生してしまったりと難点を抱えています。

キチンキトサンをエビから摂取するなら、調理済みのものから摂取するということになります。

[スポンサードリンク]