キチンキトサン

キチンキトサンとキノコ

[スポンサードリンク]

キチンキトサンはキノコの細胞壁の主要成分として含まれています。

具体例を挙げると、マツタケ、シイタケ、エノキタケ、シメジ、ナメコ、マイタケなどです。

菌類の中で肉眼ではっきり見ることが出来るほど大型の子実体をそう呼んでいます。

そして菌類の細胞壁は、丈夫な成分で構成されているのです。

日本の食卓では頻繁に使われる食材なので、調理方法は和食のレパートリーによって賄えられるでしょう。

キチンキトサンはキノコで摂取すれば、日常的に摂取することが可能となります。

カニやエビよりも日常的な食材だからです。

味噌汁の具材に入れたり、炊き込みご飯としてお米と一緒に炊き込んだりと、簡単なものでも作ることができます。

特に炊き込みご飯はいろんな具材を組み合わせられるメニューとして大変優れており、多くの食材を加えられます。

味と香りが強いマイタケは特にお勧めで、上記のように炊き込みご飯や味噌汁にしても良いですし、その他の調理法もあります。

例えばマイタケの天ぷらは、手で大きく裂いて、普通のテンプラの衣をつけて挙げます。

茸類はカロリーが限りなく低いため、通常高カロリーになりがちな天ぷらにした場合でも、低カロリーで済みます。

メインの具材とするなら、ソテーも良いでしょう。

根本を切り落として適度に刻み、いろんな野菜を千切りにして炒め、塩、胡椒、醤油で味付けして完成です。

こうした簡単な料理でキチンキトサンをキノコから摂取すれば、習慣として身につけられるようになります。

[スポンサードリンク]