キチンキトサン

キチンキトサンとチーズ

[スポンサードリンク]

キチンキトサンはチーズにも含まれています。

出来るだけ全体が菌類に覆われているものがお勧めで、日本で一般的なものは含まれている量が少ないのです。

理由は菌類の細胞壁の主要成分であるためで、当然カマンベールチーズなど、菌類に覆われた種類は大量に含んでいます。

よって日常的にこういった種類を食生活に取り入れれば、キチンキトサンをチーズから摂取することが可能となります。

応用したメニューもかなり豊富で、そのまま食べてもよし、おやつ代わりにしてもよし、お酒の肴にしても良いでしょう。

菌類系のものに抵抗感のある人もいるため、料理のメインに添えなくても、味付け代わりに使うという手もあります。

特に南ヨーロッパの伝統料理では、大量に使っているため、まずはパスタに粉状のものをかけてみましょう。

おやつにしたいならケーキに使ってみたり、マッシュポテトの中に入れると然程味が目立たなくなります。

ケーキだと血糖値が気になるという場合は、豆乳を入れるとヘルシーに食べられるでしょう。

ささみとトマトのカマンベール蒸し、じゃがいものニョッキなど、いろんなメニューが存在しています。

野菜をたくさん摂りたい人には、野菜をカマンベールチーズで蒸し焼きにすることをお勧めします。

いつもと違った食感で温野菜が楽しめ、たっぷりと野菜を摂取出来るようになるのです。

キチンキトサンをチーズで取り入れる場合、和食に取り入れるのは難しいものですが、ヨーロッパの料理を取り入れれば比較的簡単です。

[スポンサードリンク]